交通事故の発生原因

171月

交通事故の発生原因として一番にあげられるのが運転中のちょっとしたよそ見だと思います。みなさん何にしても注意して前後左右の状態を確認することは極めて難しいことといえるでしょう。

だからこそ、事故に遭わないためにも必ず注意してやってほしいことがあります。

もちろん信号を守る、歩道橋の利用などの基本的な交通ルールを守るのは当たり前のことですが、それ以外に注意してほしいこと、それは、ドライバーの顔、視線の先をみることです。自分の存在を相手に気付かせる、ただそれだけで、たくさんの事故を防ぐことができるでしょう。

お年寄りの事故が多いのは相手の様子を確認せずに、自分のタイミングで道路などを渡ってしまうためです。注意力が低下してくるからこそ周りのサポートが必要となるのです。

ドライバーに気付いてもらう方法として、他には反射するものを身に着けたりすると効果的です。少し目立って恥ずかしいような気もしますが、事故を防ぐには自分の意識が大切です。

交通事故でケガ人がいたら救護の準備

171月

交通事故は誰しも、想定しておこるという事がないことです。思ってもみなくその状況に遭遇するという状況です。

事故を起こした場合、車同士の事故、車と人での事故となりますが、スピードのある力のある車ですので、けがをするという可能性が高いのが実際です。そのため、事故を起こしてしまった後の対応が即時に必要となります。

けが人がいた場合は、すぐに救護の準備が必要です。

救護を行うとともに、救急車を要請することが必要ですが、けがをしている人が、出血をしている場合は十分に気を付けなければいけません。

意識の有無もその後の対応に気を付けなければいけないことです。救急車を要請したときに、けが人の有無、けがの状態、意識の有無を確認されます。その際に状態の確認だけでなく、その時にそのけが人にどのように対応したらよいかという事を電話で説明もしてくれます。

実際けが人がい場合は気が動転して何もできなくなってしまうことが多いのですが、その際に支持を受けると落ち着き対応することができます。

Older Posts »